2020年8月30日 晴れ 角取山へ!

2020.08.31

今日はチームメンバー7名で、大御神八幡宮角取神社 山頂の宮の祭に参加してきました。開発エリアは大御神地区にあり、地区の方々にお招きいただいての初参加です。

富士スピードウェイ西ゲートを出て富士霊園に向かう途中、右側の側道を上がったところに大御神八幡宮角取神社はあり、大御神の氏神「風の神」として知られています。角取とは風神の角を取り払うという意味で、農作物に悪い影響を与える強い北風を鎮めることを願う神社なのです。今回訪れたのは、先人がそうした願いを込めて角取山(大洞山)山頂に建てた石の祠 角取神社奥の院です。

籠坂峠の登山口からスタートし、途中樹齢300年を超えるブナの木、あざみ平からの山中湖を見ながら角取山(大洞山)山頂へ。1,383mの頂に時折吹く風は何とも言えない心地良さ、まさに至福!!! 昼食後、50m降りた所に祀られている祠を参拝。大御神地区の方々は、ご自身の田圃から持ってきた稲穂を捧げ、二百十日までの平穏を感謝します。我々のプロジェクトも大きな災害を受けずに無事進んでいくことを祈願してきました。

 

ここからが今回のメインイベントでした。まさに“行きはよいよい帰りはこわい”を地で行くように、急勾配の斜面、膝まで埋まってしまうスコリア層の砂走りを降るハードなルート(とはいえ、地元の方々は楽々降りて行きます!)。

 

 

下山を終え、心地よい疲れと達成感、そしてトレッキングの楽しさを再発見した一日でした。今回のコースは富士箱根トレイルの一部です。秋には紅葉も美しいらしいので再訪しようと思っています。

今回誘っていただいた大御神地区の方々には感謝の言葉とプロジェクト成功での恩返しができるよう頑張ります!