2020年11月28日 『世界を感じる!本物を感じる!小山で感じる!』が小山町キャッチフレーズに入賞!

2020.11.28

現在プロジェクト開発中のエリアは、東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技ロードのコースとして発表されており、ゴールはエリアの中心である富士スピードウェイになります。

そんな中、小山町が東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技ロードの開催に向けて盛り上げていくためのキャッチフレーズの一般公募を実施しました。

そして、そこに我々プロジェクトメンバーが各々応募したところ、1人の作品が晴れて入賞しました!

その栄えある一名とはプロジェクトリーダーの伊奈和久。

入賞作品は『世界を感じる!本物を感じる!小山で感じる!』です!

そして、実は残念ながら入賞はできなかったですが、もう1名のスタッフも予選通過10作品に選ばれていたのです。

なかなか出来たチームではないですか!!!!

 

 

入賞作品は、小山町の東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技ロード応援特設サイト(https://oyama2020.jp/)でも発表されていますので、是非ご覧ください。

今後、入賞作品は、特設サイト以外でも、観戦ガイドや沿道装飾など、小山町の様々な場面で活用されます。

『世界を感じる!本物を感じる!小山で感じる!』というキャッチフレーズを見かけましたら、伊奈の作品であることを思い出してください。

霊峰富士を望む自然豊かな小山町で、世界のトップアスリートによる最高のパフォーマンスを間近で観ることができる機会がやってきます。

沿道で力いっぱい応援できる日がとても待ち遠しいです。