2021年1月25日 開発エリアの造成工事進行中!

2021.01.25

富士山がやっと雪に覆われました。クリームをぬったように雪がたっぷり、美味しそうな雪山。

その富士山の東エリアで進めているモータースポーツビレッジ(仮称)の開発は、現在土地の造成の終盤です。切土や盛り土をしながら地盤を強化し、土地の表面を平らにして、区画しやすいよう土地を整備しています。レーシングチームのガレージ、グランピング施設、温浴施設、イベント広場等、壮大なアミューズメントビレッジが出現します。


モータースポーツビレッジ(仮称)の開発に合わせて、新東名高速道路小山PA・スマートインターチェンジ(仮称)の工事も進んでいます。新東名高速道路が開通しましたら東京から車で約1時間、名古屋より約2時間半の好立地!
現場の皆さま、寒い中ありがとうございます。

そして、東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技のロードレースのゴールとなる富士スピードウェイ周辺には自転車専用道が作られています。富士山を眺めながら林道を駆け抜ける、爽やかで熱い走りとなるでしょう。東富士開発準備室メンバーは全力で応援します!