2021年5月20日 地域とともに植樹活動

2021.05.20

先日、森林資源の保護や活用をしている北郷創林隊からお誘いを受け、プロジェクト事業地である北郷地区で植樹活動に立ち会ってきました。植樹は温暖化防止、土砂災害防止、水源かん養を目的として行われており、かつて植えられた杉から広く深く根付く広葉樹に植え替えました。この植樹活動は13年前から北郷創林隊と緑の少年団(北郷小学校の6年生)によって続けられています。
参加者は創林隊、緑の少年団、PTA、先生、小山町役場と私たちで総勢70名ほど。かなりの急斜面を歩いて植樹エリアへ向かいました。

小学生は5人づつ12班に分かれて、植樹作業をおこなっていきます。それぞれに大人がつき、「食害防止の筒が上下間違ってるよ」、「鍬を持つときは離れてね」とか「肥料入れてないよ」などと世話を焼きながらワイワイガヤガヤ、ナラやクヌギの苗木110本を植えました。


創林隊理事長から始めに東和不動産をご紹介いただき、終了時には挨拶の機会もいただきました。プロジェクト事業地に温浴施設の計画もあることを伝えましたら、子供たちから「温泉入りた~い」の声も。そしてPTA会長からお礼の言葉をいただきました。「地域とともに」・・・そんな想いをさらに深く実感した一日でした。