2021年7月21日 東京2020オリンピック開幕直前!

2021.07.21

いよいよ、一年越しの東京2020オリンピックが7月23日に開会式を迎えます。
自転車競技のロードレースとタイムトライアルの会場となる富士スピードウェイの西ゲートもオリンピックムードに彩られて、いよいよ!という気分にさせられワクワクしてきますね。
会場前には、大会エンブレムと同じ藍色の市松模様をあしらったオリンピックマスコット「ミワイトワ」と、桜をイメージしたピンク色のパラリンピックマスコット「ソメイティ」が可愛らしく並んでいます。「ミワイトワ」の名前の由来は『希望のある未来(ミライ)が永遠(トワ)に続くように』、「ソメイティ」は桜の代表格「ソメイヨシノ」と「so mighty(とても力強い)」が合わさっており、『桜を愛でる日本の心とパラリンピックアスリートの素晴らしさ』を表現しています。
2つのマスコットはデジタルの世界の住民という設定で、インターネットを通じて現実とデジタル世界を行き来することが出来るそうです。「ソメイティ」の耳のような桜の触覚はテレパシーを受け取るそうですよ。

西ゲート横に建設中のホテル&ミュージアムは1ヶ月後に上棟を予定していますが、この期間は工事を止めて熱戦を見守ることになります。世界中から集まるアスリートたちが最高のパフォーマンスを発揮して、小山町、日本だけでなく、世界中の人々が未来に希望を持てる大会となることを願っています。
今週末からロードレースが始まります!また来週早々、こちらのブログでレース現場をご紹介します。