2021年7月26日 駆け抜けるロードレース!

2021.07.27

東京2020オリンピックがいよいよ開幕しました!
自転車種目のロードレースは、どこの開催地でも開会式翌日に実施されることご存知でしょうか?一般公道を長く走るため、競技映像を通じて開催国の風景や文化を世界中に知っていただくためだそうです。今大会も開会式翌日の7月24日(土)は男子ロードレース、25日(土)には女子ロードレースが開催されました。東京都にある武蔵野の森公園をスタートし、静岡県小山町にある富士スピードウェイをゴールとするコース設定になっています。首都東京の街並みから、大自然の中、雄大な富士山の麓を走るコースが世界中に発信されました。私だけかもしれませんが、青々と稲が育つ田園風景の中を颯爽と自転車が走り抜けていく画にはなぜか感動を覚えてしまいました。
プロジェクト予定地の横を通る公道もコースになっており、中継映像には建設中のホテル&ミュージアムや、造成が進んでいるガレージエリアの状況も映し出されていました。
そのような中、私たちはコースサポーターとして大会運営の手伝いをしてきました。両日とも、とても暑い日でしたが、選手たちが目の前を疾走するとコース脇にいる私にも風が感じられます。東京から4時間以上も走ってきてのスピードにはオリンピックアスリートの本物の力が感じられました。
休憩中に先頭集団をパシャリ!
オリンピック終了後、富士スピードウェイ周辺がオリンピックレガシーとなり、全世界のサイクリストにとっての聖地になると良いですね。モータースポーツの聖地、サイクリストの聖地として、この地を訪れる人々に喜び、楽しみ、感動を与えられるプロジェクトにしていきます!