2021年8月6日 夏の収穫体験

2021.08.06

本格的な夏になり連日猛暑の中、オリンピックでも熱戦が繰り広げられています。2021年の日本の夏は暑く、熱い日が続いていますね。
この暑い季節に旬を迎える野菜の収穫体験を地元の方のご厚意でさせていただきました。

まずは、とうもろこしの収穫体験。収穫目安が種まきから86日目になることから「ゴールドラッシュ86」と命名されています。「86」と言えば「トヨタ86」。こちらは前身のAE86型カローラレビン・スプリンタートレノ(通称ハチロク)の様に、お客様に愛され、育てていただきたいという思いから命名されたそうです。話が脱線しました。
収穫は、実がしっかり上まで詰まっているか触って確認してから、上から下に折るようにもぎります。特に力を入れる必要もなくスムーズに収穫できました。肝心の味は、ジューシーで甘みが強い!味付けなしで一本ペロリと食べられます。地元のJA直売所では朝採れの商品が並びますが、開店直後に売り切れるほどの人気ぶりです。

そして、枝豆のもぎり体験もさせていただきました。土から引き抜いた枝から枝豆をもぎる作業を1時間ほど。ぷっくりとした美味しそうな枝豆!シンプルに塩茹で食べたいですね。こちらも地元のJAに卸されています。
とうもろこしはハクビシンやスズメ、枝豆は鹿に食べられてしまうため、その被害を防ぐ話をお聞きしたり地元の方との会話も楽しんだ時間でした。

小山町は、富士山の伏流水、空気、気候により様々な美味しい野菜が育てられています。小山町、御殿場市にお越しの際はファーマーズ御殿場道の駅ふじおやまに立ち寄って、季節の収穫野菜をご覧いただくのも旅の良い思い出になるのではと思います。