2022年2月10日 富士スピードウェイでエコラン!

2022.02.10

2022年1月29日、富士スピードウェイレーシングコースにおいてTMSC富士6時間耐久エコノミーラン2022が開催され、我々プロジェクトチームも初参加してきました。
エコノミ―ランとは、規定ガソリン量の範囲内で、より長距離を走れるかを競うレースです。ドライバーとコ・ドライバーの2名が乗車し、ピットイン義務が8回以上、一周3分10秒を切らずに走行しなければならないルールがあります。車両によってクラス分けがされており、ミニバン、ディーゼル車以外ならハイブリッド車、ガソリン乗用車、商用車等で参加できます。
「エコノミーラン」と聞き、燃費走行=穏やかというイメージをもっていましたが、そこはやはりレース。決められたルールの中で一番にゴールすることを目指すため、思った以上に激しい走行で驚かされました。富士スピードウェイレーシングコースは一周4.563kmで、制限ラップから計算すると平均時速は約80kmh、高低差のあるコースでスピードにも変化があり、最速100km超で走行することも。
これまで富士スピードウェイレーシングコースは体験走行などで走ったことはありますが、競争は初めて。素人が生意気なことを言いますが、“レースって楽しい!”参加メンバーからは「想像以上に本格的なレース!チームワーク、運転技量、忍耐力、精神力、車の知識などの総合力が必要で、安全運転技術向上も身に付くイベントでした。」「コ・ドライバーは優雅に乗っているだけかと思いましたが、体が左右に振られ続けながら、タイムキープの責任を任され、酔いとの戦いでなかなか大変でした。ストレートを爆走できていい思い出になりました。」と、ハードで楽しいレースだった様子が伺えます。
最終順位は37チーム中25位。初出場にしてはなかなかの結果と自画自賛。興奮、感動、悦び、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。これからも、この地ならではのイベントを体験し、皆さまに話題を提供できればと思っています。
ちなみに、今回のエコノミーランは普通免許があれば誰でも参加できますので、来年の大会に宜しければ是非ご参加を。